【3/20更新】おーわグラフィーは移転いたします
花火のある景色

新春を彩る花火劇場!ツインリンクもてぎ花火の祭典“New Year Fes”

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

花火といえば夏のイメージが強いですが、実は冬にもたくさんの花火が打ち上がります。

栃木県茂木町で開催されるツインリンクもてぎ花火の祭典“New Year Fes”もその一つ。

ツインリンクもてぎという日本有数のレース場で、音楽×花火で構成される劇場型花火が楽しめるというなかなか面白いイベントとなっています。

花火の祭典”New Year Fes”について

花火の祭典”New Year Fes”は栃木県真岡市にあるツインリンクもてぎで毎年正月(1/2で固定?)に開催されます。

以前は季節毎に1回ずつ開催されていたようなんですが、予算の都合からなのか現在は夏と冬の2回のみの開催となっています。(2019年1月時点)

夏に開催される花火の祭典も含め「劇場型花火」を謳っていて、プログラムの全編が音楽×花火で構成されています。

打ち上げは約1時間で合計4000発、大きさは最大で二尺玉(だったかな?)と、冬花火の中では比較的規模が大きいものとなっています。

打ち上げを担当するのは群馬県の菊屋小幡花火店。2018年の全国花火競技大会(大曲の花火)で内閣総理大臣賞を獲得するなど、非常に実力のある花火師さんです。

写真で見る花火の祭典”New Year Fes”

開催年によってプログラム構成が異なるので、観覧+撮影した年次別にまとめています。

2019年

全4部構成(上州彩風、四季光彩、星空に大輪の煌めき、眩き星々の詩)で、打ち上げ前のジャズ演奏も含めて約1時間(花火打ち上げ時間は30分強)。

競技大会で打ち上げた(打ち上げる予定だった)花火が含まれていたりと、全体的に見どころ満載の構成となっていました。

上州彩風

タイトルのとおり上州のからっ風を花火で表現した、オープニングの花火。(開催地は下野なんですが、まあそこは触れないでおきましょうかw)

花火の祭典"New Year Fes" 「上州彩風」 花火の祭典"New Year Fes" 「上州彩風」 花火の祭典"New Year Fes" 「上州彩風」

元々は2018年の土浦全国花火競技大会で打ち上げる予定だった花火でしたが、事故のため途中で中止になってしまい見られずじまい…。

このままお蔵入りになるかと思われましたが、花火の祭典で見られるという展開には待ち望んでいた花火ファン的には嬉しいものだったんじゃないでしょうか。

四季光彩

四季の情景を花火で表現したもので、それぞれ「八重桜」「潮騒の唄」「柳に満月」「里山の忘れ柿」となっていました。

里山の忘れ柿(ツインリンクもてぎ花火の祭典"New Year Fes")

特に「里山の忘れ柿」は2018年の全国花火競技大会(大曲の花火)の自由玉でも打ち上げられた非常に印象的な花火だったのですが、こちらでは豪快に対打ち…花火ファン的にはとても嬉しかったんじゃないでしょうか。

星空に大輪の煌めき

大輪の名のとおり、尺玉を単発もしくは対打ちで打ち上げられます。

モノクロームの金華(ツインリンクもてぎ花火の祭典"New Year Fes")

ちなみにこちらの花火は「モノクロームの金華」の対打ちシーン。

全体を通じて、ゆっくりと丁寧に打ち上げられているのが印象的でした。

何を見誤ったのか、単発と対打ちを重ねて撮影してしまうという痛恨のミスを冒してしまい、写真がこれだけしかないのは内緒の話でw

眩き星々の詩

フィナーレを飾るプログラムで、煌々と輝くスターマインで盛大に締めくくられます。

ちなみにレースコースの手前にも花火が仕込まれていて、観客席の至近距離から花火が楽しめるという仕組みになっていました。(近すぎて写真は諦めましたがw)

おわりに

ツインリンクもてぎで正月に開催される花火の祭典”New Year Fes”。

音楽と花火がシンクロした花火ショーを自動車レース場で見られるのは、なかなか趣があって面白いものです。

寒さ対策をしっかりと施して、新春の劇場型花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。(ちなみに夏も開催されますので、興味がある方はそちらもぜひ)

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
RSSでご購読いただけます

おーわグラフィーの最新記事情報をFeedlyをはじめとするRSSリーダーでご購読いただけます。

RSSで購読Feedlyで購読 

こちらの記事もおすすめです