レタッチをしない写真に価値を感じる人が抱く1つの大きな勘違い

写真のレタッチに対してなんとなく疑問を感じている皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

デジタル写真の世界で「レタッチ(加工)」という言葉に対して、後ろめたさやマイナスイメージを持たれる方が少なからずいらっしゃいますよね。

でも、デジタル写真にはレタッチという工程が不可欠なんです。

レタッチをしない写真に価値を感じている人が抱く一つの大きな勘違い

まずはじめに、すべてのデジタル写真はレタッチ(加工)を経て世に出て行きます。とどのつまり、

 

 

 

レタッチをしないデジタル写真なんて存在しない

 

 

 

というわけです。

「は?なんじゃそりゃ?!」ってなる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、ひとまずお茶飲んで落ち着きましょう。これから順を追って紐解いていきたいと思います。

写真は必ずレタッチの工程を通る

写真をSNSや写真投稿サイトで公開したり、友人や家族と写真データを共有するには、RAWファイルをJPEGなどの一般的な形式に変換・出力しますが、その中で必ずレタッチの工程を通ることになります。これは一眼カメラに限らず、コンデジやスマートフォンでも例外なく同じ流れをたどります。

RAW現像とJPEG撮って出し、実は違うようでほぼ同じというお話」という記事の中でも紹介いたしましたが、一般的な写真データができるまでのおおまかな流れを図にするとこんな感じになります。

カメラを通した光はRGB信号へ分離されてデジタル変換されます。これがいわゆるRAWデータということになります。

RAWとは「生、未加工」といった意味合いを持つように、単にRGB信号をデジタル変換しただけのデータ…いわば写真になる前の素材です。JPEGファイルのように色情報とかは乗っていないので、このままではとても使えたもんじゃありません。豚肉料理を食べたいけど、素材である豚のままではどう頑張っても食べれませんよね。それと同じようなものです。

さて、そのRAWデータをJPEGなどの一般的な画像データへと変換するためには、レタッチと呼ばれる工程を行って色情報などを付加していきます。必要な部分を切り出し、煮たり焼いたりしていき、さらにはお好みで塩コショウなんかで味付けしながら料理へと仕上げていくわけです。

このレタッチからRAW現像の過程にはカメラの画像処理エンジンを通して行う方法(いわゆるJPEG撮って出し)と、RAWファイルをLightroomなどを使って独自でレタッチする方法の二種類があります。どちらも一長一短ありますし、どちらが良いかは個々の価値観によるところがありますので、お好みの方法を選べば良いと思っています。

関連記事:RAW現像とJPEG撮って出し、それぞれのメリット・デメリットとは

ということで、JPEG撮って出しにしろ自分で写真編集ソフトを使ってRAW現像するにしろ、必ずレタッチの工程を通っているということです。レタッチしない写真に価値を感じるも何も、そもそもレタッチをしていない写真なんてこの世に存在しないというわけであります。

過度なレタッチが招いた功罪

ではなぜレタッチをしない(ここではJPEG撮って出し)ことに価値を感じる人がいるのでしょうか。あくまでも推測ですが、その背景は二つあると考えています。

  • 写真=真実を写すという古来からの考え方
  • 過度なレタッチによるもの

写真のデジタル化により、それまでのフィルム写真では実現が難しかった多彩な表現ができるようになりました。その気になればカラーバランスを大幅に変えることも、はたまた合成によって現実ではありえない世界を創り出すこともできます。

しかしながら、古来からの写真=真実を写すという考え方を根強く持った方々からすると、そういった過度な表現ができてしまうレタッチの存在そのものを否定したくなるのも、無理もない話なのかもしれません。

まとめ

今回はよくあるレタッチに関するギモンをまとめてみました。

方法の違いはあれど、レタッチは写真を創り出す上で必要不可欠な工程だということを頭の片隅に留めておいていただければ幸いです。

そのうえで、レタッチをカメラ任せにするもよし、写真編集ソフトを使って自分の世界観をトコトン突き詰めていくもよし…写真を通じてもっと自由で柔軟な表現を楽しめる世界になったら良いなーと思う次第であります。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

スポンサーリンク