PENTAX K-1 / K-1 Mark IIにおすすめなSDカード

PENTAXIANの皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

PENTAX K-1およびK-1 Mark IIで撮影した写真データを記録するためにはSDカードが必要となります。

ということで、今回はPENTAX K-1およびK-1 Mark IIに最適なSDカードの選び方とおすすめのカードを紹介していきたいと思います。

PENTAX K-1 / K-1 Mark IIで利用可能なSDカード

まず、PENTAX K-1 / PENTAX K-1 Mark IIのSDカードを選ぶにあたり、対応するSDカードの規格などについて押さえておく必要があります。

対応SDカード規格

PENTAX K-1 / PENTAX K-1 Mark IIでは以下のSDカード規格に対応しています。

  • SD
  • SDHC
  • SDXC

このうちSDHC、SDXC規格のメモリーカードについては、UHS-I規格に対応したものにも対応しています。

仕様 / PENTAX K-1 Mark II / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING
RICOH IMAGING デジタル一眼カメラ「PENTAX K-1 Mark II」製品ページ。特長やアクセサリー、仕様についてご紹介いたします。

早い話が、現在販売されているSDカードの大半はPENTAX K-1 / PENTAX K-1 Mark IIで使えるということになります。

動作確認済みのSDカードメーカー

PENTAX K-1 / PENTAX K-1 Mark IIで動作確認されているのはSanDisk(サンディスク)、東芝、パナソニック製のSDカードとなります。

SanDisk

  • SDカード(1GB、2GB)
  • SDHCカード(4GB、8GB、16GB、32GB)
  • SDXCカード(64GB、128GB、256GB、512GB)

東芝

  • SDカード(1GB、2GB)
  • SDHCカード(4GB、8GB、16GB、32GB)
  • SDXCカード(64GB)

パナソニック

  • SDカード(1GB、2GB)
  • SDHCカード(4GB、8GB、16GB、32GB)
  • SDXCカード(64GB)

参照:PENTAX K-1 Mark II|デジタルカメラFAQ|サポート&サービス | RICOH IMAGING

どの型番のSDカードを使って動作確認をしたかまでは不明なため、上記は参考程度にとらえていただければと思います。

参考までに僕はTranscendのSDカードをJPEG保存用として使用していますが、2年近く使って大きなトラブルは発生していません。(メーカー側で動作確認がされていないため、使用する際は自己責任でお願いします)

スポンサーリンク

PENTAX K-1 / K-1 Mark IIで使うSDカードの選び方

PENTAX K-1 / PENTAX K-1 Mark II用のSDカードの選ぶあたり、以下の基準で選んでいくのが個人的におすすめです。

  • 大容量(RAW形式で撮影する場合は128GB以上推奨)
  • 転送速度(特に書き込み速度)に優れている
  • メーカー動作確認済みのSDカードブランド

3600万画素という高画素機ということで、RAW形式や最高画質で撮影する際は写真データ1枚当たりの容量が非常に大きくなります。そのため、SDカードの容量は大きいものを選ぶのがおすすめです。(参考までにフルサイズかつRAW形式で撮影した場合、8GBのSDカードで約101枚が上限)

特に容量が大きくデータ書き込みに時間がかかるRAW形式での撮影、連写、リアル・レゾリューションを使うという方は転送速度(特に書き込み速度)にも優れているSDカードを選んでいきましょう。

PENTAX K-1 / K-1 Mark IIにおすすめなSDカード

上記を基に、PENTAX K-1 / K-1 Mark IIでおすすめなSDカードを容量、転送速度、価格などを踏まえてまとめました。K-1 / K-1 Mark II用のSDカード探しでお悩みの方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

なお、上記で紹介した動作確認が行われているSDカードの中で、パナソニックに関してはUHS-Iに対応した製品が発売されていないため、おすすめの中からは除外させていただきました。(UHS-II規格対応は64GB、128GBとあるが非常に割高)

SanDisk

SDカードをはじめとするフラッシュメモリ分野の世界トップメーカーであるSanDisk。フラッシュメモリに関しては東芝の国内工場(四日市)で生産されていることもあって信頼性の高いことから、多数のプロフォトグラファーにも愛用されていることでも知られています。

K-1 / K-1 Mark IIで容量・転送速度を重視するのであれば、最大書き込み速度が90MB/sのExtream Proシリーズ(UHS-I規格対応)が第一候補になってくるでしょうか。僕もRAWデータを記録するためのメインカードとして使っています。

ちなみにUHS-II規格に対応したSDカードも使うことができますが、性能はUHS-II相当とはならない上に価格も割高なので、よっぽどの理由がない限りUHS-I対応のものを選ぶのが無難かと思います。

東芝

国内のフラッシュメモリメーカーで有名なのが東芝。こちらも先述のSanDiskと同じく老舗メーカーの一つです。(最近、経営が傾いたことでも有名になってしまいましたがw)

K-1 / K-1 Mark IIで容量・転送速度を重視するのであれば、EXCERIA Pro(UHS-I対応)が候補となります。

メーカー側で動作確認は行われていませんが、128GBのモデルもありますので参考までに。

先述のSanDiskと比べると書き込み速度が75MB/sとやや劣り(SanDisk Extream Proは90MB/s)、価格に大きなアドバンテージがあるというわけでもないため、よっぽど「東芝が好きだ!」「国内メーカーのSDカードしか使わない!」といった特別な思い入れがない限り、SanDisk Extream Proを選ぶのがよろしいかなーと思っています。

まとめ

PENTAX K-1/Mark IIは3600万画素ということで写真データ1枚当たりの容量が大きく、さらに連写やリアル・レゾリューションによってSDカードへの書き込み処理が多く発生します。そのため、容量が大きく転送速度に優れたSDカードを選んでいくのが個人的におすすめかなと思っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク