製品紹介・レビュー

smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limitedレビュー&作例紹介

PENTAXIANの皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

PENTAXの交換レンズにはちょっと個性のあるLimitedレンズたるものがあるのですが、FA 77mmF1.8 Limitedもその一つ。

「至高の銘玉」が創り出す独特のボケ味と空気感は、味のある作品を生み出してくれます。

smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limitedについて

smc PENTAX-FA 77mmF1.8 LimitedはいわゆるFA Limited三姉妹シリーズの一角で、三姉妹の中では望遠側を担う一本です。

元々フィルムカメラ時代に発売されたレンズですが、今でも現役バリバリで製造・販売されているロングセラーのレンズでもあります。

FA 77mmF1.8 Limitedとの出会い

実はFA 77mmF1.8 Limitedとの出会いは、ある「恋」がきっかけでした。

あれは2011年頃の話。当時、恋心を抱いていた女性がいまして、何を思ったのか「この女性と付き合うことになったら、一緒に素敵な一枚を収めたい」「将来、子供ができたらかわいく撮影したい」なんていう、いま思うとこっぱずかしいまでの妄想を抱いていたのです…気持ち悪いったらありゃしないw

そして、その年の春に夏ボーナスをつぎ込んでFA 77mmF1.8 Limitedをゲット…。よく「恋は盲目」っていうけれど、よくもまあーあの高額なレンズにあっさり手が出たなって、いまだに自分でもびっくりですねw

その場の空気感まで伝えるチートのようなレンズ

FA 77mmF1.8 Limitedの出す独特のやわらかさは、ポートレート撮影でその威力を発揮します。特に開放で撮影した時のふわっと感はたまらないですね。

ポートレート撮影ではもちろん、普段の風景撮影などでも驚きの威力を発揮します。ホント、何気ない写真がドラマチックなまでの作品になってしまう、まさしくチートのようなレンズです。反則級の素晴らしいレンズです。

作例

FA 77mmF1.8 Limitedを使って撮影した作例はこちら。(なお、作例の写真はほぼ撮って出しに近い状態ですが、若干ですがLightroomによるレタッチを行っています)

smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited作例①(カメラ:PENTAX K-5、絞りF2.8、ISO800、SS1/100)
smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited作例①(カメラ:PENTAX K-5、絞りF5.6、ISO160、SS1/250)
smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited作例③(カメラ:PENTAX K-5、絞りF8.0、ISO160、SS1/250)
smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited作例④(カメラ:PENTAX K-1、絞りF1.8、ISO100、SS1/400)

まとめ

ということで、今回はsmc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limitedについて紹介していきました。いかがでしたでしょうか。

FA 77mmF1.8 Limitedは元々フルサイズフィルムカメラ用に発売されたレンズで、現行のAPS-C機で使うと焦点距離が115mm程度となることから、ポートレート撮影するにはちょっと距離が長いなーという感じでした。

PENTAX K-1では本来の77mmの画角で使えるので、人間の目に近い画角でポートレート撮影などを楽しめます。持ち出す機会も増えそうだなー(・∀・)

ちなみにこのsmc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limitedはブラックとシルバーの二色が用意されています。色によって機能や性能に変わりはないので、どちらを取るかは好みといったところですね。参考までに僕はシルバーを愛用していますが、誰かと待ち合わせをするときの目印にもなるのでおススメですw

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に主に花火のある景色を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
RSSでご購読いただけます

おーわグラフィーの最新記事情報をFeedlyをはじめとするRSSリーダーでご購読いただけます。

RSSで購読Feedlyで購読 

こちらの記事もおすすめです
製品紹介・レビュー

超絶写真家のすべてが一冊に!『最高の1枚を「撮る・仕上げる」で生み出す 超絶写真術』の魅力を語る

2017年7月11日
おーわグラフィー
皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 この世には、思わず息を飲むような超絶写真と称される作品があります。  …