製品紹介・レビュー

HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRレビュー&作例紹介

PENTAXIANな皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

世の中には「超」が付くレンズが二種類あることをご存知でしょうか。一つは超望遠レンズ、そしてもう一つが超広角レンズです。

PENTAX K-5+SIGMA 8-16mmで超広角レンズの魅力を知り、フルサイズ機でもその世界を体感すべくD FA 15-30mmF2.8ED SDM WRを勢いで入手!w

D FA 15-30mmとはいったいどんなレンズなのか、作例を交えながらレビューしていきます。

D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの良い点、悪い点

良い点

  • 高い解像力
  • F2.8の明るいレンズ
  • SDMによる静かなAF
  • 簡易防滴対応
  • クイックシフトフォーカス(QSF)対応

悪い点

  • 大きくて重たい
  • フィルターの取り付けが特殊

D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRレビュー

外観

準備中

描写・画質

精細な描写。F2.8通しの高級レンズらしい確かな実力を感じます。

D FA 15-30mmは逆光耐性もまずまずで、太陽光が写り込むような環境下でもフレアの発生は抑えられているなーという印象です。

フォーカス

SDMを採用しているため、オートフォーカス(AF)の駆動は非常に静かです。速度についてはDCと比べるとそこまで速くはないですが、特段ストレスを感じないかなーというのが個人的な感想です。

QSF(Quick Sift Focus)にも対応しているので、AFと合わせてピントを追い込めるのもありがたいところです。

使い勝手

ズームレンジが15-30mmと、超広角域~広角域をカバーできるため、一本で比較的広範囲をカバーできるのはありがたいところ。防滴機能も有しているため、雨の中での撮影も十分に可能となっております。そういった点では汎用性はかなり高いですねー。

ということは、旅行なんかに適しているのでは?と思われそうですが、重量が1kg以上なので携帯性がよろしくないのが残念なところ…。これを許容できるかどうかが一つのポイントとなります。

なお、APS-C機では焦点距離が約23mm~46mmとなるため、わざわざこのレンズを使うメリットはあまりないかもしれません。

前玉の出目金ちゃんという構造のため、円形フィルターは残念ながら取り付けることができません。したがって、PLフィルター等を愛用している方にとってはかなりつらいところ…。

フィルターを使用したい場合は、専用の角型フィルターフォルダーを併用すれば使うことができます。

携帯性

はっきりいって、携帯性はよろしくないです。

重量は1040gとPENTAX純正レンズの中でも五本の指に入る重さで、PENTAX K-1/K-1 Mark IIとほぼ同等…まるでボディを2台持っているかのような錯覚に陥りますw

これを許容できるかどうかが、購入にあたっての一つのカギとなってくるかと思います。

作例

PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例① PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例② PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例③ PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例④ PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例⑤

PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例⑥
PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例⑦

PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRの作例⑧

その他

公式では発表されておりませんが、D FA 15-30mmはTAMRON A012をベースとして開発されているようです。単なるOEM品なのか、独自にチューニングされているかまでは定かではありませんが、確かにA012の形状から見るに、D FA 15-30mmと似ていますね。

関連サイト:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD

製品情報(公式サイト)

RICOH IMAGING Kマウント広角レンズ/HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WRのページ。高精細でヌケの良い描写性能とF2.8の明るさを実現した超広角大口径ズー…

まとめ

2016年11月現在、Kマウントフルサイズに対応した唯一の純正超広角レンズであるD FA 15-30mm。携帯性やフィルターの取り付けにかなり難がありますが、その点を許容できれば、性能面や使い勝手はバツグンに良いレンズです。

PENTAX K-1/K-1 Mark IIにて超広角での撮影を楽しみたい方は、高解像度を存分に生かせるD FA 15-30mmを手にしておいて損はないと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

関連記事

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に主に花火のある景色を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
RSSでご購読いただけます

おーわグラフィーの最新記事情報をFeedlyをはじめとするRSSリーダーでご購読いただけます。

RSSで購読Feedlyで購読 

こちらの記事もおすすめです
製品紹介・レビュー

自宅にミニスタジオ!サンワサプライの撮影ボックス「200-DG014」の魅力を語る

2016年12月27日
おーわグラフィー
フリマやオークションへの出品、ブログで紹介する商品の写真を撮る際、光を均一に当てて鮮明に撮影するための便利なアイテムに撮影ボックスがあります …