厄介な窓ガラスの反射にサヨウナラ!忍者レフ・ミニの魅力を語る

都市夜景が大好きな皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

高層ビルやタワーの展望台から綺麗に街並みを撮りたいけど、窓ガラスの反射がキツくて上手く撮れない…そんなときには忍者レフ・ミニを使うと、屋内の窓ガラス越しからでも綺麗に街並みが撮りやすくなります。

ということで今回は、厄介な反射を忍者レフとはどのようなものなのかについて、紹介していきます。

窓ガラスの厄介な反射にサヨウナラ!忍者レフの魅力を語る

忍者レフ・ミニはよしみカメラから発売されているレフ板&暗幕です。通常のレフ板は白い面のみ用意されているのが一般的ですが、忍者レフは白黒両面タイプとなっていて、レフ板と暗幕の両方が使えるようになっているのが特徴です。

ちなみに都市部の展望台で使用する場合は撮影スペースが限られることが多いため、小型の忍者レフ ミニが個人的におススメです。

外観

忍者レフ ミニは収納状態の直径は12cmとおおよそ手のひらに収まるサイズで、持ち運びにとても便利。小さめの鞄の中や三脚のケースの中にも余裕で収まります。

DSC_0778

実際にカメラに装着するとこんな感じ。展望台などの屋内からの撮影を行う場合は、黒い面を窓側に向けて使用します。

DSC_0654

ちなみにレフ板中央の穴は82mm径までのレンズに対応です。

使用感・効果

忍者レフを使用した時とそうでないときで反射がどの程度違うのか、写真を見ながら比較してみましょう。いずれもレンズを窓ガラスにかなり近づけている状態で撮影しています。

まずは忍者レフを使用せずに撮影した写真。

20151226_Tokyo_IGP1368_web_1

写真の左側に注目すると、建物内の照明なんかがかなり盛大に写り込んでいることが分かります。

続いては、忍者レフを使って撮影したときの写真。

20151226_Tokyo_IGP1369_web

未使用時に左上に写り込んでいた建物内の照明などがカットされていますねー。忍者レフの有無でかなりの違いがあることがわかります。

まとめ

ということで、今回は忍者レフについて紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

ビルの展望台や水族館などで窓ガラス越しに撮影しようとなかなか綺麗に撮れない…とお悩みの方は、ぜひ一度忍者レフを使ってみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

より大型の忍者レフもあります。こちらは開いた時の直径が50cmで、忍者レフと比較してかなり大きいです。

さらに、忍者レフとの併用で使用するひとつ目クンという全身レフもあります。

ちなみに、ひとつ目クンには迷彩柄も用意されています。これはひょっとして、軍用か何かですかね?w

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です