あの青くて可憐な花を写真に!ネモフィラの撮り方まとめ

ネモフィラマニアの皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

春に咲く花の一つであるネモフィラ。毎年ゴールデンウィーク頃を中心に、青々とした綺麗な花を咲かせることで知られています。

ネモフィラを撮ってみたい、あるいは撮っているという方は多い反面、いざ撮ってみると同じような絵になってしまいがちなのが悩みどころ…。

そこで今回はネモフィラを撮影する際のコツやポイントを、実際の作品を交えながら紹介していきたいと思います。

僕が本気出して考えてみたネモフィラ写真の撮り方

ネモフィラを風景の一部として撮る

ひたち海浜公園限定かつ定番の撮り方となりますが、ネモフィラを風景として撮る方法です。

関連記事:至極の青い海!早朝のひたち海浜公園のネモフィラ畑が絶景すぎる件

通常、花の撮影では青空の主張が強すぎて取り入れるのが難しいことが多いのですが、このネモフィラに限っては青空との相性が非常に良いのが特徴です。青空を写真の中に上手く取り入れると良いですねー。(逆に、青空でないとちょっと微妙な絵になってしまうかも…)

おすすめのレンズは、やはり広角レンズでしょうか。超広角レンズを使って、さらに広く撮るのも面白いかなーと思います。

ネモフィラをスナップの副題として撮る

20160416_Ibaraki_IGP3956

先ほどのネモフィラを風景の一部として取り入れるものと少し似ていますが、スナップ撮影やポートレート撮影などの副題に取り入れるのも一つの手です。

ネモフィラに寄って撮る

ネモフィラの一輪にぐっと寄って切り取るのもおもしろいですねー。ネモフィラの存在感を強調できます。

レンズは中望遠~望遠レンズでかつ、なるべく被写体に寄れるレンズがおすすめ。もちろん、マクロレンズも威力を発揮します!

作例

ネモフィラを逆光で撮る

ネモフィラは濃い青色の花が特徴ですが、逆光で撮影するとふわっとした雰囲気かつ透明感のある写真を撮ることができます。

順光での撮影とはひと味違った雰囲気を出すことができますよー。

まとめ

青色がなんといっても美しいネモフィラ。今回は撮影の参考として使用レンズやカメラの設定、実際の作例を紹介していきました。もっとも大切なことは、あなたがネモフィラを見て、何を感じ、どのように伝えるかという点にあると思います(ネモフィラに限らず…ではありますが)。

ぜひ、あなたの感じたネモフィラを収めてみてください。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね」をポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です