【3/20更新】おーわグラフィーは移転いたします
カメラの基礎知識

フルサイズ一眼カメラでクロップ機能を使うと画質はどうなるの?

フルサイズ一眼カメラのことを考えると夜も眠れない皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

一部のフルサイズ一眼カメラ(Nikon、PENTAX、SONY)ではレンズマウントの互換性を維持するため、クロップ機能たるものが使えます。

さて、この機能はフルサイズで撮影した写真の一部を切り取るというものですが、このときの画質ってどうなるのでしょうか。

クロップ機能とは

クロップとは一般に「切り取ること」「刈り取ること」という意味を持ち、カメラや画像の世界では画像の一部を切り出すこと(トリミング)を指します。

Link: クロップとは – コトバンク

例えばフルサイズ機でAPS-Cクロップを使うと、フルサイズセンサーを使って撮った写真から、APS-Cセンサーに相当する部分のみが切り出されます。(画像の赤枠部分)

フルサイズ機でAPS-Cクロップをしたときのイメージ

冒頭でも紹介したように、Nikon、PENTAX、SONYの一眼カメラはフルサイズ機とAPS-C機で共通のレンズマウントを採用しています。

しかしながら、APS-C対応のレンズをそのまま使おうとするとイメージサークルが合わず、写真の周りに不自然な影(ケラレ)ができてしまいます。

このため、フルサイズ機でもAPS-C対応のレンズが使えるようにするため、クロップ機能というものが採用されています。

APS-Cからフルサイズへ移行すると、カメラボディだけでなくレンズも高価になります。

いずれはAPS-C対応のレンズからフルサイズへ移行したいけど、段階的に移行していきたいという方にとってクロップ機能は大変にありがたいわけです。

クロップ機能と画質の関係

フルサイズ機はAPS-C機などと比べ、ダイナミックレンジの広さや高感度耐性といった主に画質面のメリットが特徴です。

あわせて読みたい
フルサイズ一眼カメラを使うメリットとデメリットについて皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 さーて、そろそろ一眼カメラの使い方も慣れてきたし、いよいよフルサイ...

で、そんな画質番長のフルサイズ機でクロップ機能を使ったら画質ってどうなるのさ?って思われる方もいらっしゃるかと思います。

結論を言いますと、フルサイズ機でクロップ機能を使っても画質は変わらないというのが答えです。

実は冒頭でも書きましたが、クロップ機能とはフルサイズセンサーを使って撮影した写真の一部を切り取るというものだからなのです。

つまり、フルサイズのイメージセンサーをすべて使って撮影しているため、画質そのものは変わらないというわけなのです。

とはいっても文章だけではピンとこないかと思いますので、実際にフルサイズセンサーをそのまま使った場合と、APS-Cサイズでクロップした場合の写真の画質を、ISO感度毎に比較していきます。(同じ位置から同じカメラとレンズを使い、焦点距離31mm、絞りF5.6に固定して撮影)

クロップ時の画質比較(ISO400)

まずはISO400で比べてみましょう。

クロップ機能の有無による画質の違い(ISO400でフルサイズで撮影した場合)

上がフルサイズ(クロップ未使用)、下がAPS-Cクロップで撮影しています。どちらも画質に違いは見受けられません。

クロップ時の画質比較(ISO1600)

続いてはISO1600で撮影した写真を比較してみます。APS-C機ではノイズが目立ってくるISO感度です。

クロップ機能の有無による画質の違い(ISO1600でフルサイズで撮影した場合) クロップ機能の有無による画質の違い(ISO1600でAPS-Cクロップで撮影した場合)

どちらも画質に大きな違いは見られませんね。

クロップ時の画質比較(ISO3200)

お次はISO3200。APS-C機ではノイズがかなり目立ってくるISO感度ですが、果たしてどうでしょうか。

クロップ機能の有無による画質の違い(ISO3200でフルサイズで撮影した場合) クロップ機能の有無による画質の違い(ISO3200でAPS-Cクロップで撮影した場合)

こちらもフルサイズとAPS-Cクロップ使用で違いは見受けられません。

クロップ時の画質比較(ISO6400)

APS-C機では限界に近いであろうISO6400はどうでしょうか。

クロップ機能の有無による画質の違い(ISO6400でフルサイズで撮影した場合) クロップ機能の有無による画質の違い(ISO6400でAPS-Cクロップで撮影した場合)

クロップ時の画質比較(ISO12800)

最後にISO12800。APS-C機ではノイズが多くてほとんど使われることはないISO感度ですが、果たして結果は…。

クロップ機能の有無による画質の違い(ISO12800でフルサイズで撮影した場合) クロップ機能の有無による画質の違い(ISO12800でAPS-Cクロップで撮影した場合)

こちらもフルサイズとAPS-Cクロップで目立った差は見られませんね。

まとめ

ということで今回は、フルサイズ機でクロップ機能を使った際の画質について検証していきました。

クロップ機能はフルサイズセンサーを使って撮影した写真から一部を切り抜く(トリミング)というものであるため、画質はほとんど変わりません。(※ただし画素数は落ちます)

APS-C機からフルサイズへ買い替えを考えているが、すぐにはフルサイズ対応のレンズ資産を揃えられない…という方も、フルサイズならではの高画質の恩恵を受けることができるということです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に写真を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
RSSでご購読いただけます

おーわグラフィーの最新記事情報をFeedlyをはじめとするRSSリーダーでご購読いただけます。

RSSで購読Feedlyで購読 

こちらの記事もおすすめです