写真撮影のコツ

備えあれば憂いなし?!デジカメのメモリーカード入れ忘れ対策

皆さん、おはこんばんちは。写真界きっての忘れ物キングことおーわ(@mof_mof08)です。なんという不名誉な…w

さて、デジタルカメラの必需品といえば何か…そう、メモリーカード(SDカード、CFカードなど)ですね。

データ取り込みのためにカメラからメモリーカードを取り出す機会も多いですが、そのあと入れ忘れて写真が撮れない…なんていう悲しい経験をした方もいらっしゃると思います。

そんな万が一に備え、是非ともリカバリーできる体制は作っておきたいところです。

デジカメからメモリーカードを出したら即戻せが基本的だが…

メモリーカードから写真データをパソコンなどへ転送したら、デジカメに即座に戻せば入れ忘れるなんてことは起こりません。

山写(@Photograph_mt)さんもTwitterでおっしゃるように、データを転送したらすぐにカメラへメモリーカードを戻せばいいだけの話なんです。

とーっても簡単なことですよねー?

皆さん、この一連の作業をちゃんとやっていますか??

もし時々でも怠っているという方は、いますぐ豆腐のカドに頭をぶつけてきましょうw

ところがどっこい…人間というのは実に怠惰な生き物でして、頭では分かっていてもなんかの拍子に面倒になって後回しにしてしまうわけです。

特に撮影した枚数が多いと写真データの転送に時間がかかるため、終わるまでそのまま放置して後でカメラに戻そうなんて考える方も多いと思います。

そして、そのままパソコンのカードリーダーにメモリーカードを挿しっぱなしにしたのを忘れたまま撮影地へ赴き、カメラの電源を入れた次の瞬間…。

 

 

 

Oh, NO CARD…

 

 

 

もうね、この「カードが入っていません」という現実を突きつけられたときの焦燥感と悲壮感のなんたるや…。

じゃあ、いったいどうしたらメモリーカードの入れ忘れを防げるのでしょうか?

その答えはすでに山写さんがツイートでおっしゃっていたとおり、メモリーカードからパソコンなどへ写真データを移したらすぐにデジカメへ戻すに限ります。

が、先ほども書いたとおり、人間は怠惰で忘れやすい生き物です。後でカメラへ戻そうと考えることも多々あると思います。(大事なことなので二度言いました)

なんとかしてメモリーカードの入れ忘れ対策を施したいところなのですが、どんなに気をつけていようとも入れ忘れるときは入れ忘れてしまうものです。

だって、人間だものw

デジカメのメモリーカード入れ忘れ対策方法

しかし、メモリーカードを入れ忘れてしまったことによって写真が撮れなかったときの精神的ダメージは相当なものです。

でも、いったいどうすればいいものか…

 

 

 

忘れることを前提に対策する

 

 

 

この「忘れることを前提に」というのが、キーポイントです。

くどいようですが、人間は怠惰で忘れやすい生き物です。どんなに意識していても、忘れるときはあっさりと忘れます。

だからこそ、昔の偉い人がこんな名言を残してくださいましたよね。

 

 

 

備えあれば憂いなし

 

 

 

つまりはそういうことです。

万が一、忘れたときに備えてバックアップを用意しておけば、いざ入れ忘れたときに「メモリーカードがない!」と絶望する確率はうんと減ります。

ということで、ここでは実際に僕が施しているメモリーカード入れ忘れてしまったときのリカバリー方法について紹介いたします。

スペアのメモリーカードを携行する

普段使っているカメラバッグにスペアのメモリーカードを常に忍ばせておくと、いざ入れ忘れたときの保険になります。

本来、スペアのメモリーカードを持つ目的は予期せぬ故障に備えるためですが、万が一カメラに入れ忘れてしまった場合の対策にもなり得ます。

ただし、そのまま持ち運ぶと静電気などで故障したり、はたまた落としてなくしたりすることがあるので、なるべくケースに入れて持ち運ぶようにしましょう。

名刺ケース並みに薄型のメモリーカードケースもありますので、それほど嵩張らずに持ち運ぶことができます。

荷物の量に応じてカメラバッグを使い分けるなんて方は、すべてのカメラバッグにスペアのメモリーカードを忍ばせておけば安心感が100倍ぐらいに跳ね上がりますw

ダブルスロットのカメラを使う

一部のカメラにはダブルスロット(メモリーカードが2枚入る)に対応したカメラがありますが、実はこれも入れ忘れ対策になります。

ダブルスロットそのものは撮影中の予期せぬメモリーカードの故障に備えたバックアップが主たる目的ですが、片方のカードがなくても撮影を継続できるため、ある意味で入れ忘れ対策にもなり得ます。

たとえばFUJIFILM X-T3というカメラはダブルスロットに対応していて、SDカード(UHS-II対応)を2枚挿入することができます。

実際のところ、僕もダブルスロットの一眼カメラ(PENTAX K-1 MarkII)を使うようになってからは、メモリーカードの入れ忘れが原因で写真が撮れないという残念なトラブルは2年半でゼロになりました。(ダブルスロットの片方を忘れたことは何度かありますがw)

効果は比較的高い対策となる反面、カメラを購入するコストが上乗せされるので、カメラを買い替えるタイミングなどで検討してみるとよろしいかと思います。

まとめ

デジカメでの撮影に欠かせないメモリカード。

パソコンなどへのデータ転送のために取り出したらすぐにカメラへ戻すのが鉄則ですが、万が一入れ忘れてしまったときのリカバリーを用意しておくと、いざというときに安心です。(故障対策にもなりますし)

メモリーカードをカメラに入れ忘れて撮影ができず、涙を飲んだ経験をした方の助けになれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に主に花火のある景色を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
RSSでご購読いただけます

おーわグラフィーの最新記事情報をFeedlyをはじめとするRSSリーダーでご購読いただけます。

RSSで購読Feedlyで購読 

こちらの記事もおすすめです