花火写真の撮り方講座〜第6回 撮影のコツ〜

花火が好きな皆さん、おはこんばんちは。花火マイスターのおーわ(hirokazu.sby)です。ごめんなさい調子に乗りましたw

一眼レフカメラ(ミラーレス一眼カメラ)をお持ちの方の中には、日本の美しい花火を撮りたいという方も多いと思います。

そんな美しく魅力あふれる花火の撮り方について、全7回に渡って紹介していきます。

花火写真=光跡の撮影

花火写真の撮り方講座 第5回の記事でも書きましたが、花火写真とは光跡を撮るということと同義になります。

すごくざっくりいうと、花火の光が出ている間でシャッターを切ることで、その間に見える光跡が写るというわけです。

花火写真の撮影というとなんかちょっと難しそうなイメージがありますが、コツを抑えればわりと簡単に撮ることができます。(ある程度の慣れは必要ですが)

スポンサーリンク

花火写真を撮るコツ

さて、花火写真を撮るにはいくつかのポイントがあります。ここではそれらをサクッと紹介していきたいと思います。

なお、本記事では花火写真の撮影に必要な機材が揃っていることを前提に話を進めていきます。花火撮影に必要な撮影機材などにつきましては花火写真の撮り方講座 第3回の記事をご覧ください。

シャッターを切るタイミングが肝

花火写真で重要になってくるのがシャッターを切るタイミング。ここ、テストに出ますw

具体的には花火が打ち上がるタイミングでシャッターを開け、消えるタイミングでシャッターを閉じるというイメージで撮影することで、花火の光跡を綺麗に収めることができます。

実際にはポン、ポンとテンポよく上がってくることが多いため、シャッターを切るタイミングがややこしいと感じることも…そんなときは、どれか一発の花火に着目してシャッターを切ると撮りやすいです。

スターマイン系の花火も基本的にシャッターを切るタイミングは同じです。

単発とは異なり、スターマインは連続的に打ち上がっていきますが、花火の下の部分と上の部分がセットになるようなタイミングでシャッターを切るととても綺麗に収まります。決まったときの爽快感は半端じゃないですw

失敗すると花火の下の部分(トラ)が欠けて写ってしまうなんてこともよくあります…。

打ち上がってくるちょっと手前のタイミングでシャッターが切れると理想です。

型物花火についてはシャッターを長く開けすぎると花火が流れてしまい、なんの形が判別できなくなってしまうので短めに調整するようにします。(もっとも型物花火自体が写真向けじゃないですがw)

花火が打ち上がるタイミングはまちまちなので、はじめのうちはなかなかタイミングがなかなかつかみ辛いかもしれません。ですので、打ち上がるときの音などを参考にしながらシャッターを切ると撮りやすいかなと思います。

露出は花火に合わせる

花火写真を撮る際、露出は花火に合わせるようにするのもポイント。

花火は非常に明るいため、白トビしやすい被写体でもあります。そのため、明るすぎたり暗すぎたりしたときはシャッタースピードと絞り(F値)を適宜調整してあげましょう。

多少の白トビであればレタッチで修正可能ですが、盛大に白トビしてしまうとレタッチで復元することも困難になってしまいますので、この点は注意が必要です。(特にクライマックスに打ち上がる花火は白系の花火が多く、非常に白トビしやすいです)

このほか、花火と都市夜景などを組み合わせて撮る場合は、副題の露出もある程度意識しておきましょう。黒つぶれもまたレタッチでの復元が困難になるので注意が必要です。

花火+αを写真に収める場合、ハーフNDフィルターを使用することである程度回避することもできますので活用するのも手です。(花火写真の撮り方講座 第7回で書く予定ですが、ハーフNDがなくてもレタッチで対処も可能)

打ち上がる花火をイメージする

花火写真は打ち上がる花火を頭の中でイメージすると、格段に撮りやすくなります。

花火大会の歴史やプログラムを知ったり、各種SNSで過去に撮影された写真を参考にすることで、どんな花火が打ち上がるのかなーとなんとなーくイメージすることができるかと思います。

花火写真の撮り方講座 第1回でも書きましたが、花火を楽しんだ先に写真があるということをぜひ忘れないでいただければなーと思います。その方が、写真を通じて花火の魅力を伝えやすくなりますしね。

最近では花火愛好家の方がYouTubeなどに動画を上げていたりしますので、自分が行きたいと考えている花火大会の様子を動画で知るなんてこともできます。大会前に花火をイメージするための参考にしてみてください。

まとめ

花火写真の撮影はシャッターを切るタイミングが肝心になってくるということ、露出オーバーには注意するということを頭の片隅に置いていただければ幸いです。

最初のうちは撮るだけで精一杯になってしまうかもしれませんが、花火を楽しみながらぜひ撮影にチャレンジしてみてください(*´ω`*)

花火写真の撮り方講座も次回でいよいよ最終回!第7回では花火写真をより素敵に魅せるためのレタッチ術を紹介していきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

花火写真の撮り方講座記事一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク