カメラの基礎知識

露出の三要素「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係を知ろう

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

さて、写真撮影は「光を捉える」ことでもあります。

そして、この光をコントロールするためには「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係性を知っておく必要があります。

「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係性

冒頭でもお伝えしたように、写真の露出(カメラに取り込む光の量)をコントロールする要素として「絞り」「シャッター速度」「ISO感度」というものがあります。

一眼カメラや一部の高級コンデジを使っている方は、おそらく一度は下の画像のような表記を目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

とまあ、カメラを始めたばかりの初心者の方からすると「は?なにそれ美味しいの??」って感じですよね。

でも、この三要素の関係性を知っておくと、写真撮影をする上でとても美味しいわけです。

三要素と露出の関係性

さて、この「絞り(Aperture)」「シャッタースピード」「ISO感度」の三要素と露出との間には密接な関係があります。その関係を図に示したものがこちら。

図の右にいくにつれて光の取り込む量が多くなり、左にいくにつれて少なくなります。

そして、この三要素のバランスを上手く取ることによって、適正な露出を得ることができます。

逆に露出のバランスが過度に崩れてしまうと、白とびや黒つぶれといった写真撮影における失敗の原因ともなってしまいます。

ひとまず「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の変化と露出の関係についてすごくざっくりまとめると…

  • 絞り:開放(F値が小さい)であるほど光を取り込める量が増えるが、被写界深度(ピントの合う範囲)が浅くなる
  • シャッタースピード:低速であるほど光を取り込める量が増えるが、被写体ブレおよび手ブレしやすくなる
  • ISO感度(ISO):高いほど光を取り込める量が増えるが、ノイズが増えて画質が低下する

という感じになります。

それでは実際に「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を変えると露出がどのように変わるのか、作例とともに見ていきましょう。

今回、ベースとなる写真(絞りF4.0、シャッター速度1/30秒、ISO800)がこちらです。ここから「絞り」「シャッター速度」「ISO感度」をそれぞれ変化させてみたいと思います。

まずは絞りを変えていくと、次のように変化していきます(シャッター速度とISO感度は固定)。

絞りを開放にするほど明るくなり、絞るほど暗くなっていくことが分かります。また、開放にするにつれて被写界深度(ピントの合う範囲)が浅くなり、背景のボケが強くなっていきます。

続いてはシャッター速度を変化させていきます。(絞りとISO感度は固定)

シャッタースピードが低速になるにつれて明るくなり、高速になるにつれて暗くなっていることが分かります。ちなみに、シャッタースピードが低速になると手ブレや被写体ブレが起きやすくなります。

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。一眼レフ/ミラーレス一眼カメラで写真を撮っていると「うわ…この写真、手ブレしちゃってるなー」なん…

最後にISO感度を変えていきます。(絞り、シャッター速度は固定)

ISO感度が高くなるにつれて明るくなり、低くなるにつれて暗くなってますね。また、ISO感度が高くなるとノイズも多くなり、画質が落ちていることが分かります。(ちょっと分かり辛いかもしれませんが、ISO3200の写真はそれなりにノイズが乗っています)

ということで、「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を変化させていくことで、どのように露出が変わっていくかについて、なんとなーくでもイメージがつかめたようであれば幸いです。

なお、適切な露出は天候、照明、時間帯などによって大きく変わってきますので、撮影シーンに応じて適宜調整してみてください。

まとめ

ということで、今回は写真の露出を決める三要素である「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の関係性について解説していきました。いかがでしたでしょうか。

改めておさらいすると次の通りです。

  • 絞りを開放(F値を小さく)すると取り込む光の量が増え、絞る(F値を大きく)と減る
  • シャッタースピードを遅くすると取り込む光の量が増え、速くすると減る
  • ISO感度を高くすると取り込む光の量が増え、低くすると減る

上記の三要素を適切にコントロールすることで、自分の意図する写真が撮れるようになります。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に主に花火のある景色を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
RSSでご購読いただけます

おーわグラフィーの最新記事情報をFeedlyをはじめとするRSSリーダーでご購読いただけます。

RSSで購読Feedlyで購読 

こちらの記事もおすすめです