加工・レタッチ

似ているようでぜんぜん別物!RAW現像とレタッチの違いとは

写真の現像と編集のことを考えると夜も眠れない皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

さて、デジタル写真において欠かすことのできないRAW現像とレタッチという二つの作業。両者はよく混同されがちですが、実はまったく違うものとなります。

では、いったい何が違うのか…今回はRAW現像とレタッチの違いについて、簡単にまとめてみました。

RAW現像とレタッチの違いとは

RAW現像

RAW現像は、撮影したRAW形式のファイルをJPEGなどの一般的な画像データに変換する作業のことをいいます。

RAW形式の写真はそのままスマートフォンで友人や家族に送ったり、SNSへ投稿したりすることができません。このため、JPEGやTIFFといった一般的な画像データーに変換してやる必要となります。

その変換・出力の工程がRAW現像です。

ちなみにRAW現像はカメラ側で行う方法(いわゆるJPEG撮って出し)と、Adobe Photoshop Lightroomなどを使って独自に行う二つの方法があります。大まかな流れとしてはこんな感じ。

JPEG撮って出しと現像ソフトでの出力、両社とも形は違えどRAW形式のデータを変換・出力するという作業であることに変わりはありません。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使っている方であれば、一度は「RAW現像」「JPEG撮って出し」という言葉を聞いたことがあるかと思います。意外と誤解…

レタッチ

一方でレタッチは、色味、明るさ調整、合成、不要物の消去といった、写真に対して加工・修正を行う作業のことをいいます。

たとえば、写真が全体的にちょっと暗いなーといったときには、明るさ(露出)を調整するといった感じ。より完成度の高い写真を創るのであれば、LightroomやPhotoshopを使ってのレタッチをおすすめします。

ちなみにレタッチについてはRAW形式でもJPEG形式でも行うことができますが、画質劣化の少ない前者をベースに行いましょう。

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。一眼レフカメラ(ミラーレス一眼カメラ)で撮影した写真を世に出す方法としてJPEG撮って出しと写真編集…

まとめ

ということで、今回はRAW現像とレタッチの違いについてまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

改めてざっくりまとめると…

  • RAW現像:RAWからJPEGなどへの変換、出力
  • レタッチ:画像加工

という感じです。

ほとんどの場合、両者はレタッチ→RAW現像の流れで行われるため、普段はあまり意識することはないかなーと思いますが、RAW現像とレタッチはそれぞれ別物だということを知っていただければ幸いです。(個人的には、これがRAW現像とレタッチが混同する原因なんじゃないかなーと勝手に思っていますw)

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に主に花火のある景色を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
こちらの記事もおすすめです