デートに一眼レフカメラがあまりおすすめできない3つの理由

全国のリア充な皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

デートの思い出を綺麗な写真に残したいなら、やっぱり一眼レフカメラ…と言いたいところですが、実のところあまりおすすめできません。

それはいったいなぜなのでしょうか?

デートに一眼レフカメラがあまりおすすめできない理由

持ち運びが大変

何といっても重い&かさばるため、ちょっとしたお出かけで写真を撮りたいなーと思ったときに持ち出すのが億劫になってしまいやすいです。

一眼レフカメラはレンズを通した景色をミラーに反射させてファインダーへ表示する仕組みになっていますが、このミラーがあるためコンパクトな形状にするのが難しいのです。ですので、デート用で使うカメラは持ち運びに便利なものを選ぶことをおすすめします。

個人的にポートレート撮影といった本格的なことをしない限りは、1型センサー以上のコンデジもしくはエントリーモデルのミラーレス一眼カメラあたりを選ぶと良いですね。

関連記事:本格的な写真を撮りたい!初心者のあなたに最適なカメラの選び方

自撮りするには無理ゲー

デートをしていると記念撮影したくなる場面が多いですが、スマホ感覚で一眼レフカメラを使って自撮りするのは正直無理ゲーですw

最近の一眼レフカメラ(特にエントリーモデル)は軽量化&バリアングル液晶やチルト液晶といった可動式液晶の搭載により、構造上は自撮りも可能な機種もあります。やっぱり自撮りもするのであれば、カメラは軽いことに越したことはないですねー。

レンズ交換式カメラであれば、回転式液晶を備えたミラーレス一眼カメラ(エントリーモデル)がおすすめです。イメージセンサーもスマートフォンより大きいので、スマホのインカメラを使うのにわりと近い感覚で、より綺麗な写真を撮ることができます。

関連記事:自撮りもOK!デートで使えるおすすめミラーレス一眼カメラまとめ

記念撮影をお願いしづらい

そして、デート用のカメラに一眼レフカメラを一番おすすめできない理由が、他人に記念撮影をお願いしづらいこと。

ほら、一眼レフって見た目からしていかにも本格的だし、操作系はかなり複雑だし、何よりも扱いが難しそうじゃないですか!それを「記念撮影お願いしまーす」ってホイっと渡されたら…やっぱりきついですよね(^^;)

実際に一眼レフカメラ(写真左:PENTAX K-1)とミラーレス一眼カメラ(写真右:OLYMPUS PEN Lite E-PL7)を並べてみたとき、どちらが渡されたときにプレッシャーを感じるか考えてみてください。

恐らくですが、渡されてプレッシャーを感じるのは一眼レフカメラと答える方が多いんじゃないかなーと思います。

実際に僕も何度か一眼レフカメラを渡して記念撮影をお願いしたことがあるのですが、撮影者から「上手く撮らなきゃ!!」といった具合に、カメラを見ただけでプレッシャーを感じるケースが実際に多いなーと感じました。(なので、記念撮影をお願いするときは極力一眼カメラユーザにお願いしていましたw)

なら三脚持っていけばええやん!って思いますが、場所によっては三脚が使えなかったりしますし、そもそもカメラだけでもいい荷物なのに三脚まで持ち運ぶのはしんどいものです。。。

まとめ

ということで、今回はデートでミラーレス一眼カメラがおすすめできない理由を紹介いたしました。

特にデートスナップは一緒に写真を撮るということを考えると、「持ち運びしやすい」「自撮りもできる」「他の方にカメラを渡しても記念撮影がお願いしやすい」という三つの軸でカメラを選ぶと、より楽しめるんじゃないかなーと思っている次第です。(僕もそうした経緯があって、OLYMPUS PEN Lite E-PL7をサブカメラとして使うことにしました)

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク