製品紹介・レビュー

写真の本質が学べる!「カメラは魔法の小箱です」は撮影上達に必読の一冊

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

鉄道写真家でおなじみの中井精也さんの書籍「カメラは魔法の小箱です」という書籍を読んでみたのですが、写真撮影でものすごく大切なことを学べるかなり濃い一冊でした。

特に今の写真に何か足りないところがあると感じている方や、もっと写真を上達したいという方におすすめです。

「カメラは魔法の小箱です」について

「カメラは魔法の小箱です」は鉄道写真家 中井精也さんが写真撮影において「伝える」ことの大切さと、そのために必要な考え方やテクニックが書かれた一冊です。

一眼カメラの基本的な使い方などといったいわゆるカメラを始めたばかりの方向けではなく、少し慣れてきた初心者〜中級者を対象とした書籍ですね。

カメラを始めたばかりの方は同氏が執筆する名著「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」や、こいしゆうかさんの「カメラはじめます」あたりを読んでからの方が理解しやすいかと思います。

写真の本質が分かる

ところで、写真の本質ってなんでしょうか?

それはやっぱり「伝える」ということに尽きると思います。伝わる写真とはどういったものなのか、そういった写真の本質的な部分に迫っていくのがこの本の大きな特徴です。

実際、中井精也さんも書籍の中で以下のように書かれています。

いい写真は、撮り手の想いが伝わる写真です

本当にそうなんですよねー。「写真撮影のコツは1つだけ!「誰に、何を伝えるか」を意識しよう」という記事などでも書いていますが、写真ていうのは伝わってなんぼのもの。どんな写真を撮るにしても、「伝える」というところは最も大事にしたいところです。

高価なカメラを使っていると綺麗な撮影を撮りたいという思いが脳内で先行してしまい、写真の本質的な「伝える」ということを忘れてしまいがちです。この本を読んでいると、そんな大切なことを改めて思い出させてくれます^^;

写真で伝えるためのプロセスを体系的に学べる

写真の本質は伝えることですが、そのためには伝えたいことからの逆算が重要になってきます。その一連のプロセスを学ぶことができるのも嬉しいポイント!

伝えたいことは何かということをしっかりと意識した上でイメージング(写真想像力)やテーマ設定、必要な機材、光(順光、逆光など)、視点といったところを突き詰めていく…写真上達に欠かせないポイントがギュッと詰まっています。

冒頭でも紹介したように、細かいカメラの設定方法とかについては書かれていませんので、基本的な知識を持ったうえで読み進めていくのが個人的におすすめです。

おわりに

写真の本質をより深く理解し、そのプロセスを学べる。これまで写真をなんとなく撮ってきた方にとっては、すごく勉強になる一冊だと思います。

自分の写真を変えたい!もっと上達させたい!というカメラ初心者〜中級者の方にはすごくおすすめな本です。ぜひ読んでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ(Hirokazu Shibuya)
埼玉県を拠点に主に花火のある景色を撮っています。写真やカメラのことよりも、なぜかSDカードや写真データのバックアップといった分野に詳しいのは内緒の話ですw
こちらの記事もおすすめです